【巨乳娘×父親】手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので ネタバレ|チンジャオ娘・小桜クマネコ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

第1話から最終話第11話までのネタバレや登場キャラの紹介します。

 

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」は、BookLiveコミックのみで先行販売中!

\画像タッチで即エロ画像/
無料試し読みする>

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

タイトルからも分かるように、育ててた娘は赤の他人だったという事です。

 

今まで大事に育てた娘。生きがいだった娘。

そんな娘もJKになって思春期でも父親大好きのファザコン

しかしDNA鑑定で発覚したのは親子関係0.00%という現実

 

ショックで頭がおかしくなった父親は、娘だったJK少女を犯●ことに決めた。

「赤の他人だったら、ヤっても問題ないよな…!」

 

チンジャオ娘2020年初の新作ということだけあり、販売と同時に大人気!!

画は「ガリガリ娘」でおなじみの小桜クマネコ氏!

 

あらすじ

「娘じゃないなら、ヤっちまっても問題ないよな…」

 

中村俊樹。会社員

特に秀でた才能もなく毎日を何気なく過ごしていた。

そんな俊樹の唯一の生きがいは娘の陽葵(ひなた)

産まれてから今まで、大切に手塩にかけて育ててきた。

 

しかし陽葵と自分は似ていない。

しかも妻は自分と付き合う直前まで男がいた…

 

気になった俊樹はこっそりDNA鑑定。

すると陽葵との親子関係は0.00%という結果に。

 

生きがいだった陽葵は赤の他人だった。

絶望していた俊樹だったが、急に陽葵がただのメスに見えてきた。

当然チ●コはムクムクっ・・・

 

そして俊樹は娘であった陽葵を押し倒して・・・

\画像タッチで無料試し読み/ 
↑クリックで即エロ画像!!↑

 

登場人物

中村俊樹

  • 陽葵の父
  • ある日突然娘が他人だと知らされ絶望
  • 性欲はめちゃめちゃある

 

中村陽葵

  • バドミントン部
  • 処女
  • 父親が大好き
  • 父親だと思っていた男に処女を奪われる

 

中村美里

  • 陽葵の母
  • 社交的で旦那と付き合う直前まで別の男とパコっていた
  • 存在感薄かったがストーリー後半で色々やらかす

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 全話ネタバレ

第1話 娘がただのメスになった日

どこにでもいていたって普通のサラリーマン、中村俊樹の生きがいは娘の陽葵。

産まれた時から手塩にかけて育ててきた陽葵は、俊樹にとって目に入れても痛くない存在

 

手塩にかけただけあって陽葵も父親の事が大好き。

もうJKともなれば、あまり父親と話さない子も多い中、陽葵は違った。

思春期の反抗期のようなものも無く、いつまでも父親にべったり。

仕事から帰ってくれば玄関に飛んできて抱き着きお出迎え。

ご飯のおかずを俊樹に「あーん」と食べさせる程。

 

そんなどこからどう見ても理想的で幸せそうな親子。

しかし父親にはある疑問があった。

 

それは…

娘と全く似ていない事

 

顔のどのパーツも、俊樹と陽葵は一切似ていない。

会社の人達にも、今まで出会った人たちにも、似てるなんて1回も言われたことが無かった。

加えて妻は、以前は社交的で俊樹と付き合う直前まで彼氏がいた。

 

・・・

 

疑念に思った俊樹は、こっそりとDNA鑑定をする事に。

 

すると親子関係0.00%という結果だった。

 

陽葵は他人・・

絶望な気持ちの俊樹。

 

そんな時陽葵が帰って来た。

ごめんねーちょっと今汗くさいかも~

 

ふわっと香る陽葵の匂い。

すると俊樹のチ●コが反応をした。

突然陽葵に変な感情を抱き始めた。

 

そして・・・

「そうか…他人なら別に…」

「お、お父さん…?」

\画像タッチで無料試し読み/ 
↑クリックで即エロ画像!!↑

 

第2話 中に出したけど親子じゃないから問題ないよな

突然の事で戸惑っていた陽葵に告げられた親子関係の事。

しかし自暴自棄になっていた俊樹は、もうあと先の事は考えていなかった。

 

無理矢理四つん這いにさせられパンツを脱がされる陽葵。

たわわなおっぱいをブルンブルン揺らし、四つん這いにさせて陽葵のアソコを弄り回していた。

 

「あんっ」

思わず声が出てしまう陽葵。

 

「メスみたいな可愛い声出しやがって」

 

我慢が出来なくなった俊樹は、ビンビンに勃ったチ●コを陽葵のマ●コに押し当てて、擦り始めた。

 

ヌププ・・・

「嫌だ!痛い!!」

 

陽葵は必死に泣きながら抵抗をするも、俊樹のチ●コは気が付いたら陽葵の中に挿入ってしまっていた。

 

第3話 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして

娘だった陽葵に生ハメ中●しをキメてしまった俊樹。

しかし自暴自棄の中年の欲望はもう止まらない。

 

陽葵の処女マ●コが、キツキツでいつまでも膣内でチ●コにねっとりと絡みつく。

ありえない快感が俊樹を襲い、気が付いたら何度も何度も陽葵を犯●まくっていた。

 

陽葵はもはやレ●プされているも同然で、マ●コを俊樹の思うがままに弄られまくっていた。

 

しかし突然、ふと我に返った俊樹。

 

目の前に四つん這いでマ●コ丸出しで泣いている陽葵。

今まであった幸せを、自らの手で壊してしまった…と感じた瞬間だった。

 

そしてゆっくりと立ち上がり、既に妻と陽葵に宛てた手紙を机の上に置き、倒れている陽葵を置いて家を出て行った。

 

すると、

 

「お父さんっ!!!」

 

振り返るとバスタオル一枚巻いて裸の陽葵が立っていた。

 

すると陽葵は

「怒ってないよ・・・」と言い始め…

\画像タッチで無料試し読み/ 
↑クリックで即エロ画像!!↑

 

第4話 私、お父さんとずっと一緒にいたいから

それ以来陽葵は、頼まれてもいないのに自ら手コ●やフェ●をするようになった。

 

先日、レ●プをしてしまった際、警察に出頭しようとしていた俊樹。

しかし警察に行くと、父と一緒に住めなくなると思った陽葵は、それを必死で止めようとしていた。

 

どこにも行かないで欲しい…

お父さんとずっと一緒にいたい…

 

ずっと父親の事が大好きな陽葵は、俊樹と離れてしまう事を恐れている。

 

そして、ずっと一緒に暮らしてくれるなら…と、

自らエッチなご奉仕をしていた。

 

しかもフェ●やパイズリは、学校の授業中にわざわざAVを見ていた。

ぎこちないながらも、小さな口で舐めたり吸ったり、めちゃくちゃ気持ちよさそう…

 

そしてこの日はエッチビデオで学んだといって、下着からはみ出ているおっぱいをチ●コの前に持ってきて…

第5話 身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて

もう一度チ●コを挿入てほしいとおねだりしてきた陽葵

 

初めて犯●れた時の感情のままでいるのがモヤモヤするらしい。

四つん這いになってお尻を突き上げて、マ●コがくぱぁ…と広がっていてヒクヒクしている。

 

それを見てビンビンに勃ったチ●コがゆっくりと、陽葵の中に挿入っていく。

 

ヌププ…

「っ!!」

 

大きな大人の逞しいチ●コが陽葵の小さな穴に挿入り、膣内の肉がチ●コに絡みついている。

 

前回はレ●プされたのと、気持ちの整理が付いていなかったからあまり感じなかったが、今回は明らかに気持ち良い…

陽葵は自然と喘ぎ声を出していた。

 

段々と気持ち良くなってきた陽葵は、次は自分が上になると言い出して・・・

 

第6話 妻に隠れて若い娘と浮気交尾に耽る日々

セックスの気持ち良さに目覚めてしまった陽葵。

学校から帰るなり陽葵は俊樹のチ●コを咥えていた。

 

クリでいつもオ●ニーをしているという陽葵は、俊樹にアソコを舐めてとおねだり。

2人は69をしていた。

 

陽葵と俊樹は、隙があればセックスをする様になった。

しかし活発で積極的な陽葵。

 

母親譲りなのか、もう我慢が効かなくなっていた。

 

とうとう母親が寝ている横で大胆にもセックスを始めてしまった。

陽葵はあまりの気持ち良さで声が出まくっている

壁一枚隔てた向こうには母親が寝ていたが…

 

第7話 親子でAV鑑賞して父親チ○ポで娘の性教育

この日は2人でAVを陽葵の部屋で見ていた。

普段自分でAVを見て勉強している陽葵。

 

「お父さんの方がえっちなの知ってるかなって思って」

といい、俊樹と観始めた。

 

父親だった俊樹と、娘だった陽葵が2人でAVを見ているという変わった光景だが、2人の性欲は止まらない。

俊樹はすぐにチ●コが反応してしまう。

 

陽葵も人知れずあそこがムズムズ、

マ●コを濡らしていた。

 

そして今にもハメたそうな顔をして、俊樹の上にまたがった。

 

今までさんざんセックスしてきたが、今回は初めてコンドームを付けてのセックス

今更感は満載だが、俊樹とのセックスをより楽しむために、陽葵は買って来たという。

 

そして騎乗位で俊樹のチ●コにハメて、腰を振り始めた陽葵

 

ん❤おっぱい重い・・・

邪魔だなぁ・・・ん❤

 

腰を動かす度に揺れるおっぱいを、俊樹は乳首を責めて遊んでいた

それによって陽葵の感度が更に増した。

 

あっあんっ❤気持ちいい・・

 

第8話 若いメスとの生セックスは中年精力に火を付けて

あぁ…気持ちいい❤

やっぱりお父さんの気持ちいい❤

 

2回目のセックスも、既に蕩けた表情の陽葵

 

もう出そうだ…うっ…

 

2回目とは思えないほどの量をドクドク陽葵の中に出していた。

陽葵はまだシ足りない様子でマ●コをヒクヒクさせていた。

 

陽葵の身体は、既に俊樹なしではダメになっていた。

 

そんなある日、3人で夕食を食べていた時、妻が俊樹に今夜は一緒に寝たいと誘ってきた

 

妻からの久しぶりの誘い…

 

その瞬間、陽葵はテレビを観ていたが一瞬表情が曇った。

 

もう数年もヤってないし、寝室も別。

それに加えて最近妻はスマホばかり弄っている。

誰とラインしているのか陽葵が聞いても「ともだち」としか答えない。

 

なのになぜ急に・・・

 

そして妻の寝室に行くと、下着姿の妻がお尻を突き出し、俊樹をセックスに誘った。

前戯もせずに妻のアソコに挿入てみたが

 

…明らかに違う

 

お尻のハリや挿入れ心地など…無意識に俊樹は陽葵と比べていた。

そして妻は妻で、膣をうねうねさせながらどのタイミングで男が悦ぶのかをなぜか探っていた…

 

・・・

 

お互いに無言でパンパンという音だけが部屋に響く。

 

無言のセックスが続くが、俊樹の精力は陽葵の若いエキスで活力がみなぎっていた。

そしてそれを不思議に思っていた妻だったが…

 

第9話 「私のほうが気持ちいいでしょ?」妻と比べる娘の抱き心地

久しぶりの妻とのセックスをした次の日、俊樹が帰宅早々陽葵はスーツを引っ張り部屋に連れ込んだ。

 

そして部屋に入るなりすぐさま股を開いて俊樹とのセックスを待ち侘びていた。

マ●コをヒクヒクさせ、そこからは愛液がトロトロと出まくっていた。

 

「学校にいる時からずっとお父さんの欲しかった」

 

すでにオ●ニーで愛液で濡れまくっていた陽葵のマ●コは、俊樹のチ●コにしかもう目がなかった。

 

最初から思いっきり乱暴にやって!!!❤

 

俊樹は初めから激しく陽葵にピストンを続けた。

 

すると

「私とお母さん…どっちの穴の方が気持ちいい?」

 

陽葵が急に質問をしてきた。

陽葵の質問になにも答えようのない俊樹は、更に強く腰をピストンし、陽葵を感じさせていた。

 

そして陽葵はお風呂に俊樹を誘い、一緒に入ることに。

妻は自室でスマホをいじっていたので、その隙に2人で浴槽に行き、バックで挿入れ始めた。

 

風呂場にパチパチとバックでしている音と、マ●コのズブズブ音が響いていた。

 

「私の若い穴のほうが好きなんでしょ?」

 

陽葵は執拗に聞いてきた。

しかし最後には理由が明らかに・・・

第10話 幼い頃を想いながら味わう大人になった娘の肉体

ある日、陽葵は街で知らない男と仲良く歩いている母親にバッタリ会った。

焦る母親と、陽葵の父親だと言って余裕ぶっこいた表情の男。

 

ここの所母親は、近くに引っ越してきた「ともだち」の引っ越しの手伝いとかで夜不在の日が増えていたが、ようやくわかった。

2人はどうやら身体の関係があるらしい・・

 

「陽葵。このこと、お父さんには絶対に言わないでね!」

「…うん、大丈夫だよ!」

 

2人を見て何やらニヤニヤする陽葵…

母親が邪魔で仕方ない陽葵は、なにかを企んでいる様子だった。

 

最近の陽葵は母がいなくなれば良いとさえ思っているのか、母の前でも俊樹にちょっかいを出すようになってきた。

ある時は、母親が夕飯の準備をしている時に机の下で手コ●を始めてしまう程。

 

母親にバレるかバレないかのギリギリで俊樹を快楽に浸らせる陽葵は、いつの間にか背徳感を感じるように。

 

そしてある時、陽葵は、急に赤ちゃんの時のベビーベッドを引っ張り出してきてそこに横になる・・・

しかもオムツをなぜか付けていた。

 

「買ったの!ある方がえっちかなって❤」

 

そして俊樹にオムツを脱がせ、幼い頃を想わせながら陽葵の成長したカラダを貪っていた。

ベビーベッドがきしむ程、激しくピストンして腰を打ち付ける俊樹。

陽葵は父親に犯●れているのを全身で悦んでいた。

第11話 私、お父さんと会うために産まれてきたんだね

ラブホテルに行ってみたいという陽葵のリクエストで、今日はラブホテルに来た。

 

まるで愛し合うカップルの様に陽葵のマ●コへ悦んで挿入って良く俊樹のチ●コ。

陽葵の子宮も、俊樹のチ●コが奥まで挿入ってくるのを全身で悦んでいるかの様に快楽に浸っていた。

 

「気持ちいい❤

私、お父さんとエッチする為に産まれてきたんだね❤」

 

「可愛い奴め。そんなこと言われたら・・・」

と、更に激しくピストンする俊樹。

 

陽葵の身体は更に悦びと快楽に溺れていく。

 

「お父さん…大好き❤ずっと一緒にいたい」

 

陽葵は続けて言った。

「私・・・お父さんと結婚したい」

 

「・・・けど俺には母さんがいるだろ…」

最近妻の様子もおかしいし、セックスレス。

だけどまだ形上は夫婦だから、さすがに陽葵と結婚するわけにはいかなかった。

 

俊樹は妻にバレたら潔く自首しようと思っていた。

妻にとっても大事な娘を、赤の他人の自分が犯●たという事は、できる事ならバレたくない…

 

しかし陽葵は…

「大丈夫だよ!♡作戦があるから!」

 

作戦も何も、妻に知られたらもう終わりだと思っている俊樹。

それなのに終始にやけ顔で余裕な表情の陽葵。

 

ニヤニヤしている陽葵を妙に思いながら、一緒に家に帰ると、なぜか陽葵は母親の寝室のドアを開けた

 

そしてそこで俊樹が目にしたのは、別の男と妻がセックスしている姿だった

呆然と立ち尽くす父親の横で、ニコニコしている陽葵。

 

「え…あなた一週間出張って…

陽葵?お父さんが出張だってそう言ったよね?!」

 

陽葵を問い詰める母に対し、

「さぁ~ね!」

とさっぱりした答えの陽葵。

 

すると陽葵は・・・

\画像タッチで無料試し読み/ 

↑クリックで即エロ画像!!↑

 

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 無料試し読み方法

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのではBookLiveコミックで無料試し読みが出来ます

無料試し読み手順を紹介!

 

無料試し読み手順

1:サイト内にある動く画像をタッチ




2:手塩にかけた娘の公式ページに行くので、【本編はこちら】をタッチ。

 

3:作品ページになるので、無料試し読みボタンを押して無料試し読みする

 

 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 作者情報

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」の作者は「チンジャオ娘」先生と「小桜クマネコ」先生です。

 

エロ同人サークルの中でも大人気の2人。

そして過去にもコラボしている2人。

コラボした作品はどれも大ヒット!!

 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

親に長い間、性的虐●、監禁をされていたナナ。

やっとの思いで逃げてきた先で、石川という男と出会う。

 

石川はナナを保護し、愛情たっぷりの温かいご飯を食べさせたが、ご飯の御礼にとなぜか急にチ●コをフェ●してくれた!?

 

男は基本的に下心があるという偏見を持つナナと、無償の愛をナナに与え続ける男のハートフルエロ漫画。

 

ご飯のおかげでガリガリだったナナの身体も肉付きが良くなり、さらにはおっぱいも大きくなってきた♡

 

そしてFカップにまで成長したナナは、もっと胸を大きくしたいと言い始め…

 

 

親からの虐●シーンから始まるエロ漫画。

始めは無表情だったナナも、だんだんと笑顔になってきてか、可愛い…♡

しかも骨まで浮き出ていた身体だったのが想像できないほどに肉が付き…

 

巨乳好きも、ぽっちゃりマニアも一瞬確実に抜けるシーンもありますので、万人が楽しめるしシコれるエロ漫画となっています!!

 

 

いじめっこ女子と無人島に漂流したら

中年教師の熊谷は、女子生徒・舟崎未海からイジメを受けていた。

 

顔は可愛いけれど超生意気な性格の未海は、海外修学旅行中に船の上で勝手な行動を取ろうとする…

そこで止めようとした熊谷と共に海へ転落してしまった!

 

なんと二人は無人島に漂流!

 

「最低!こんなところでアンタなんかと二人きりなんて!」

こんな状況でも相変わらず教師を奴隷扱いしようとする未海だったが

読んだって誰も来ない状況に気付いた熊谷は、未海を押し倒して復讐レ○プ!

法律もないここじゃ、お前みたいな小娘は大人の俺のオ○ホになるしかないんだよ!!

 

始めは強気な発言をしていた未海も、熊谷に頬をビンタされ涙目に。

そして熊谷は、発育の良い思春期の身体を好き放題貪ってセッ○ス専用ペット扱い!

 

初めは屈辱に泣いていた未海も、やがて熊谷のオスとしての逞しさが無いと、ダメになってきてしまった。

そして未海は熊谷に惹かれるようになり…

 

無人島で女子と二人きり、二匹の動物になって交尾に耽る無人島セッ○スライフ♪

 

テキストのコピーはできません。